Find Job!

ライター・コピーライター  履歴書・職務経歴書の書き方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

雑誌・Webサイト・広告・ポスター・カタログ・パンフレットなど、ライターの活躍領域は非常に広い職種です。

ただし、採用側が即戦力を希望するケースが多いため、憧れや興味だけでの転職は難しい職種であるといえます。

多くの実績や経験、または未経験をカバーできる意欲や知識、現在の取り組みのアピールが履歴書や職務経歴書には必要となります。

ライター・コピーライターの履歴書の書き方

経験やスキルを中心に、応募先の業界に対する知識・意欲をアピールしましょう!

ライティング業務の専任として活躍するケースもありますが、多くの企業は、ページの企画、取材、編集、クライアントに対するプレゼンテーションなど、幅広い業務を要求しています。

表現のみに固執するのではなく、知識吸収とアウトプットをバランスよくできる人材が求められるといえるでしょう。

コミュニケーション能力も欠かすことのできないスキルです。履歴書においても単に実績や完成をアピールするだけでなく、建設的な自己PRが求められます。

自己PR3つのポイント

  • 自分が携わっていた媒体と自分が担ってきた業務範囲を分かりやすく記載しましょう。
  • 専門的なスキルや経験は大きな武器になりますので、積極的にアピールしましょう。
  • 応募する企業がどのようなスキル・キャリアがある人を求めているのかを検討し、重視するアピールポイントを決めましょう。

項目別でチェックしておくと良いポイント

基本項目

住所も省略せず、氏名のフリガナ欄も忘れずに、正確に記入することを心がけましょう。

メールアドレスに携帯用はNGです。オフィシャルで利用するPCのアドレスを利用しましょう。

スキル

執筆経験分野や内容を中心に、企画経験、取材経験などの実務スキルをアピールしましょう。

それと同時に、経験の中で得たヒューマンスキルにも触れていきましょう。

職歴

作品・業務の実績を忘れずに記載しましょう。その経験から何を得たかなど、できるだけ具体的に記述します。

自己PR・志望動機

クリエーターとしてのポテンシャルの高さ感じさせるエピソードや、転職希望業界に対しての知識・興味などをバランスよく盛り込んでいきましょう。

ライター・コピーライターの職務経歴書の書き方

職務経歴書の3つのポイント

職務経歴書で気をつけるべきポイントは3つあります。

  • キャリアをアピールするためには、具体的な実績を記載することが効果的です。
  • 職歴を書き連ねるだけではなく、自分が携わった業務内容を具体的に分かりやすく記載しましょう。
  • 自分が習得しているスキルは全て記載しましょう。補足欄を活用すれば、より効果的なアピールになるでしょう。

職務経歴書の例

会社名 株式会社●●●●
勤務期間 20XX年 (平成XX年) 4月~ 20XX年 (平成XX年) 8月
雇用 ライター・コピーライター
雇用形態 契約社員
職務内容 サイト運営企業にて、メールマガジン執筆、サイト掲載用の商品コピー執筆、特集原稿の執筆を中心に担当しています。特集に関しては企画業務も担当し、ラフの作成、インタビューのセッティングなども全面的に任されておりました。

記載する際のポイント

単純に自分が担当してきた業務を並び上げるだけでは、自身のスキルやキャリアのアピールとしてあまり効果的とはいえないでしょう。

自分がどのようなメディアに携わってきたのか、そして、携わってきたメディアで、どのような業務を担当してきたのかを、明確に記載することが大切です。

業務内容を具体的に記載することが、自分のスキルやキャリアを採用担当者に理解してもらうことにつながるでしょう。

自己PR&志望動機+ポイント

自己PR

コピーの執筆はもちろん、特集企画・取材ディレクションなど一連の業務を担当してまいりました。コピーの執筆に際しては、スピードとクオリティのバランスを何よりも重視しています。

志望動機

これまではWebを中心に活動していましたが、業務の幅を広げたいと思い、出版社である御社を志望いたしました。

出版業界について勉強させていただくと同時に、私が培ってきたWeb業界の知識を活かすことで相乗効果を生み出し、必ずや御社の媒体価値向上に貢献できるものと自負しております。

記載する際のポイント

自己PR・志望動機欄に、強い意気込みだけを記載することは、自己PR・志望動機欄を有効に活用できていないといえるでしょう。

仕事に対する意気込みにプラスして、自分がしてきたことやできることを記載しましょう。

自分の意気込みだけではなく、自身のキャリア・スキルをアピールすることで、採用担当者に「この人とは会って話を聞いてみたいな」と思われるチャンスが広がるでしょう。

まとめ

履歴書と職務経歴書を作成する場合は次の3点に気をつけましょう。

  1. 自身のスキルはもれなく記載する

    ライター・コピーライター職の場合、どのようなスキルにも、採用担当者の関心を引く可能性があります。ライター・コピーライターとして、自分のスキルが活かせる場面を想定し、効果的なアピールとなるようにスキルを記載しましょう。

  2. 詳細に記載した業務経験はキャリアアピールとして効果的です

    業務経験を並び上げるだけでは、採用担当者へのキャリアアピールとしては弱いと言っても過言ではありません。携わったメディアや担っていた業務など業務経験を詳しく記載することで、採用担当者に「こんな経験があるのなら、こういう仕事を任せられるかな」と具体的に採用後のイメージをしてもらいやすくなるでしょう。

  3. 自己PR・志望動機欄でもスキル・キャリアのアピールをしましょう。

    自己PR・志望動機欄には、意気込みを記載するだけではなく、自身のキャリア・スキルを改めてアピールしましょう。「スキル・キャリアが、こういうシチュエーションで活かせます」など、自分のスキル・キャリアの有用性や将来性を記載することで、採用担当者に「会いたい」と思われる自己PRになるでしょう。

上記のポイントが書類選考の鍵となります。
意識して履歴書・職務経歴書を作成するようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事