Find Job!

DTPオペレーター履歴書・職務経歴書の書き方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

未経験者を採用している企業も多く、キャリア次第ではデザイナーへのステップアップが可能であるため、人気が高い職種のひとつです。

もちろんDTPソフト(QuarkXpress,InDesignなど)の実務経験やDTP関連資格を持っていると、転職活動に有利となるケースが多いようです。

DTPオペレーターの履歴書の書き方

出版・印刷業界の人気職種。経験者・未経験者ともに需要多いです。求人広告から、求めている人材像を読み取ろう!

経験者の場合は、制作した印刷物を具体的に提示するとともに、担当業務も忘れずに記載しましょう。ソフトウェアの使用経験の記入は必須ですが、バージョンや内容まで細かく記入するとより効果的なアピールになります。

その企業がオペレーション能力とデザインセンス、どちらをより重視しているのかを求人広告から見極め、適切にアピールしてください。未経験者にはパソコンの基本操作と、細かい作業を長時間続けられる根気強さが求められる傾向にあります。DTPや印刷技術の基本知識についても事前にチェックしておき、学習意欲を履歴書に盛り込んでいきましょう。

3つのポイント

  • 経験者は過去に制作した媒体や担当業務を具体的に明記しよう
  • 未経験者は過去の経験から活かせそうなスキルなどをアピールしよう
  • オペレーションとデザインのどちらが得意なのかを明確にしよう

項目別でチェックしておくと良いポイント

基本項目

正確に記入することを心がけましょう。住所も省略せず、氏名のフリガナ欄も忘れずに。メールアドレスに携帯用はNG。オフィシャルで利用するPCのアドレスを利用します。

スキル

得意分野とスキルレベルを、採用担当者が明確にイメージできるよう心掛けます。特にアピールしたい経験や、自信のあるスキルは補足欄を活用しましょう。

職歴

どのようなスキルを得たか、または発揮したかなどキャリアの強みとなる部分を伝えます。使用したソフトウエアの種類、経験年数、習得レベルもアピールしましょう。

自己PR・志望動機

できるだけ具体的な事実に関連付けたPRをしましょう。志望動機は採用担当者が納得いくものになっているか、客観的な視点でのチェックを忘れずに確認しましょう。

DTPオペレーターの職務経歴書の書き方

職務経歴書の3つのポイント

職務経歴書で気をつけるべきポイントは3つあります。

  • 職種特有のスキルを記述することで自身の経験をよりアピールできる
  • キャリアアピールは簡潔かつ具体的に行うことで伝わりやすくなる
  • 熱意の羅列に終始せず、応募企業に合わせて具体的なアピールをしよう

職務経歴書の例

会社名 株式会社●●●●
勤務期間 2002年 (平成14年) 4月~2005年(平成17年)7月
雇用 DTPオペレーター・デザイナー
雇用形態 契約社員
職務内容 ・書籍組版
・図版作成(グラフ、イラスト)
・Photoshopによる画像加工
・雑誌用印刷データ作成
・フィルム出力
・校正業務
・InDesignの導入と社内研修の実施
・アルバイトスタッフの勤怠管理

記載する際のポイント

業務内容を箇条書きでまとめることで、過去にどのような経験を積んできたかが担当者に伝わりやすくなります。

自己PR

編集プロダクションにて、大手出版社発行の書籍組版を中心に行ってまいりました。社内でフィルム出力・オフセット印刷まで対応していたため、オペレーション業務のみならず、印刷の一連の流れを実務レベルで経験することができました。

志望動機

3年間の編集プロダクション勤務を通じて、DTP関連アプリケーションの技術と、印刷に関する知識を身につけることができました。

また前職では InDesignやPDF校正をいち早く導入することで、品質の向上とコスト削減、そして顧客満足向上に貢献することができました。今後はよりビジュアルを重視した媒体を担当することで技術の幅を広げたく、御社を志望いたしました。

記載する際のポイント

過去のエピソードを具体的に記述することで担当者に「会ってみたい」と思わせることができます。

まとめ

履歴書と職務経歴書を作成する場合は3点気をつけましょう。

  1. アピールできる資格やスキルは見落とさないようにする

    登録スキルが少ないとアピール力不足になってしまいます。 希望職種に少しでも関連する項目や経験があれば、漏れなく記載するようにしましょう。

  2. 職歴はなるべく具体的に記載する

    職歴の羅列だけではあなたのスキルが担当者に伝わりません。 内容が抽象的になっていないかもう一度よく確認しましょう。

  3. 具体的なエピソードなども交えて熱意をアピール

    自己PR欄や志望動機欄は複数の応募企業で使いまわさないようにしましょう。 熱意の羅列に終始せず、応募企業に合わせて内容に厚みを持たせましょう。

上記のポイントが書類選考通過の鍵となります。
意識して履歴書・職務経歴書を作成するようにしましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事