Find Job!

ITインストラクター 履歴書・職務経歴書の書き方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

現代社会においては、必然的にITインストラクターの需要が高まっています。
業務の幅は非常に広く、基本的なPCソフトの使用法のレクチャーから、自社の企業向けソフトを購入した企業・従業員に対するレクチャー・デモなど、PCのソフトの活用に関わる業務を任される職業です。
あなたの自身の経験やスキルを活かして、ITインストラクターに転職したいと考えている方に向けて、履歴書・職務経歴書の書き方をご紹介していきます。

ITインストラクターの履歴書の書き方

需要は年々増加しており、経験・適性・資格を積極的にアピールしていくことが重要です。

ITインストラクター職にはレベルに応じてさまざまな資格・認定制度があり、必須条件として募集要項に含まれているケースも少なくありません。ただ、最大のポイントは「教え方が上手なこと」をいかにして伝えるかに尽きます。
資格や経験年数をおさえるのは大切ですが、そこに頼り過ぎないようにしましょう。自己PR欄などで具体的なエピソードやアピールポイントなどを具体的な数字を用いて紹介すると効果的です。

3つのポイント

  • あなたの持つスキル、これまで携わった業務での経験をしっかりと整理しましょう。
  • ITインストラクター職の中でも得意とする分野を積極的にアピールしましょう
  • アピールポイントは具体的なエピソードを用いて、より相手に魅力を伝わりやすくしましょう

ITインストラクターの履歴書を書く上で、押さえるべき3つのポイントは上記の通りです。
しっかりとポイントを意識して履歴書を書くようにしましょう。

項目別でチェックしておくと良いポイント

プロフィール

誤字脱字がないように、正確に記入しましょう。住所は省略せず、氏名のフリガナ欄も忘れずに。メールアドレスは、企業からの連絡がきちんと受け取れるアドレスを入力しましょう。ドメイン指定などの設定に注意しましょう。

スキル

それまでに経験してきた仕事、スキルをアピールできる項目です。直接関係ないと思われるものも積極的にチェックして、最大限に有効活用しましょう。

職歴

担当した業務・分野や成果・実績といった基本情報をおさえた上で、自分なりに工夫した点、経験から得られたことなどを次のステップへつながる書き方でまとめましょう。

自己PR・志望動機

転職の背景や動機、興味を持っていること、他人より優れている能力などをきちんと伝えます。未経験の場合は、経験を補うポイントをアピールしながら、自分がどんな仕事をしていきたいかなど意欲を表現しましょう。

ITインストラクターの職務経歴書の書き方

職務経歴書の3つのポイント

ITインストラクターの職務経歴書で気をつけるべきポイントは3つあります。

  • スキルは詳細を記載することで企業へのアピール力UP
  • 先方へこれまでの経験をイメージしてもらいやすいよう、経験を具体的に書きましょう。
  • 自己PRに熱意+志望動機を加えることで、企業へのアピール力をUPさせましょう。

職務経歴書の例

会社名 株式会社●●●●
勤務期間 2002年 (平成14年) 4月~
雇用 インストラクター・講師
雇用形態 正社員
職務内容 社内シスアドとして1年半勤務した後、システム情報支援部に転属となりました。社内OAインストラクターとして数人~50人規模に対しての指導を経験しました。また社内専用システムに関するマニュアル作成など、業務効率の向上にも貢献しています。

記載する際のポイント

上記のように職歴に具体的な経験を加えることで、これまであなたがどんな仕事に従事してきたか。どのような経験を積んできたのかが、より相手に伝わりやすくなります。
また、どの程度の規模の仕事を経験してきたのかが、上記のように数字で表すことを心がけましょう。

職務経歴書も相手にあなたを売り込むための資料なので、出来るだけ細かく・正確に・分かりやすく書くことが重要です。

自己PR&志望動機+ポイント

自己PR

Excel、Wordといったオフィスアプリケーションに関しては上級レベルまで対応しており、知識・指導経験とも自信を持っております。指導にあたっては、内容・習得度・人数などに応じてその都度最適な手法を考えることを実践しています。

志望動機

現在は一般企業にてOAインストラクター業務を行っておりますが、昨年ボランティアでシニア世代の方にパソコン操作を教えたところ大変感謝され、私自身も、これまでにないやりがいを感じました。今後は一般の方たちを対象に指導をしたいと思い、御社を志望いたしました次第です。
1人ずつの理解度に気を配りつつ、指導目標を実現したときのあの達成感がとても好きです。担当した方々は全員必ずスキルアップさせるという信念を持って業務に取り組み、1人でも多くの方のお役に立ちたいと願っています。

記載する際のポイント

自己PRにはこれまでの経験を分かりやすく、簡潔に記載し、志望動機にはやりがいや熱意と言ったメンタリティの部分をしっかりと先方にアピールしていくことが重要です。ある程度の経験がある方であれば、残りの部分は熱意や志望度の高さを如何にアピールするかが非常に重要になってきます。

しっかりと「入社して会社に貢献していきたい」という意思を込めるようにしましょう。

まとめ

履歴書と職務経歴書を作成する場合は3点気をつけましょう。

  1. 履歴書、職務経歴書はアピールポイントを明確にし、余すことなく自分を売り込むこと意識しましょう。

    どの選考対象者も書類選考の時点では、履歴書、職務経歴書という2つの資料から書類選考通過可否をジャッジされることになります。書類選考を通過しなければ、あなたがどれほど魅力的な人物であったとしても、面接でその魅力を知ってもらうことは出来ません。

  2. スキル、エピソード、経験は相手にしっかりと伝わるよう具体的に書きましょう。

    履歴書、職務経歴書に記載するスキル、エピソード、経験は具体性がないと先方の担当者に対して説得力がありません。規模や結果などを数字などの具体性のあるもので表現し、相手に伝える意識を持って履歴書・職務経歴書を書くことが重要です。

  3. 最後は熱意の勝負だということを意識して書きましょう。

    これまでの経験やスキルが同クラスの選考対象者が居た場合、結果を左右するのは入社したいという熱意の部分になります。具体的な入社後のビジョンがある場合には、志望理由や自己PR等にその旨を記載すると、より相手に熱意が伝わりやすくなります。

上記のポイントが書類選考通過の鍵となります。
意識して履歴書・職務経歴書を作成するようにしましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事