Find Job!

Web/オープン系SE 履歴書・職務経歴書の書き方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Web/オープン系SEは、Webなどの新しい技術を使った大規模プロジェクトに携われるチャンスも多く、常に人気の高い傾向にあります。業務の幅が広くスピード感のある業界のため、柔軟な対応力・コミュニケーション力が求められるでしょう。
履歴書・職務経歴書に記入する際は、企業のニーズと特性を吟味しながら、エンジニアとしての個性を理解してもらえるアピール力が重要となります。

 

Web/オープン系SEの履歴書の書き方

経験・技術は具体的に記述。意欲+オリジナリティで差別化を!

Web/オープン系SEは人気のある職種で、他業種や異分野エンジニアの応募者も少なくありません。当然、競争率も高いため、応募書類にもライバルとの差別化を意識することが大切です。
成功のポイントはスキル・経験が具体的であること、かつオリジナリティある応募書類です。項目は過不足なく記入し、スキル・職歴・自己PR欄は有効に活用します。希望業務やなりたい職位が決まっているのなら、それまでの経験・スキルにリンクさせて書きましょう。

3つのポイント

  • 過去の経験によって身につけたスキルを具体的に伝えよう
  • 今までのキャリアを整理してわかりやすくまとめよう
  • 自分がエンジニアとしての人物像にマッチするようにアピールしよう

項目別でチェックしておくと良いポイント

基本項目

あなたを示す重要な部分です。正確に記入することを心がけましょう。メールアドレスは連絡のとれやすいものに。住所は省略せず、氏名のフリガナ欄も忘れずに。

スキル

プロジェクト、またはそれ以外でも、扱ったOSや言語、システムの詳細を具体的に記入します。特にアピールしたい経験や自信のあるスキルは補足欄を活用しましょう。

職歴

職歴は単なる羅列に終わらないよう、より具体的に。プロジェクトの中で担っていた役割や、その経験によって得ることができたものなどが、明確に伝わるよう心掛けます。

自己PR・志望動機

志望動機は採用担当者から見て、興味を感じ、説得力のあることがポイントです。PR部分ではスキルやキャリアに加えて、将来のビジョンなどを絡めておくと効果的です。

Web/オープン系SEの職務経歴書の書き方

 

職務経歴書の3つのポイント

職務経歴書で気をつけるべきポイントは3つあります。

  • 保有スキルやソフト経験を細かく記入することでアピール力UP
  • 職歴に具体性をプラスして自分のキャリアをわかりやすく伝えよう
  • 応募企業に合わせて意欲を効果的にアピールしよう

職務経歴書の例

会社名 株式会社●●●●
勤務期間 2004年 (平成15年) 4月~ 2005年 (平成17年) 9月
雇用 Web、オープン系SE・プログラマ
雇用形態 正社員
職務内容 ■求人サイトASPサービス (2004年4月~2005年3月)
[担当業務] 求人サイト向けASPの運用サポート、追加開発を担当。
[開発環境] OS/Linux 開発言語/C,Java,PhP
[プロジェクト規模] 4名 (役割/メンバー)

■Web受発注システムのパッケージ開発/自社開発 (2005年4月~9月)
[担当業務] 受発注管理部分の詳細設計、プログラミング、品質管理を担当。
[開発環境] OS/Linux DBMS/postgreSQL 開発言語/Java,PhP
[プロジェクト規模] 6名 (役割/サブリーダー)

記載する際のポイント

開発環境や役割などを具体的に記載することで、どんな仕事に従事してきたかイメージしやすくなります。

自己PR&志望動機+ポイント

自己PR

SEとして2年、法人向けWebアプリケーション開発を担当しました。常にクライアントのもとに足を運び、ニーズを組んだシステムを提供してきたと自負しています。最新技術の駆使だけでなく、現場で生かされるシステム構築がモットーです。

志望動機

エンジニアの技術は、あくまでサービスの充実に貢献することが第一だと考えています。私自身、最新技術の駆使よりも、現場の声に応えられるシステム構築を目指しており、顧客志向を誇る御社にて働かせていただくことで、より深い自己実現ができるのではないかと思っています。よろしくお願いいたします。

記載する際のポイント

将来のビジョンも記入することで、あなたの人物像や魅力がより伝わりやすくなります。

まとめ

履歴書と職務経歴書を作成する場合は次の3点に気をつけましょう。

  1. 保有スキルやソフト経験など、応募職種につながる項目はできる限り登録を

    希望職種に関連する項目や経験を見逃さないようにしましょう。
    勉強中のスキルなども追加すれば、さらにアピール力が高まります。

  2. 開発環境・役割など、セールスポイントを明確にして職歴をアピールする

    セールスポイントが不明瞭だとインパクト不足になってしまいます。
    具体的なデータをプラスして、内容にリアリティを持たせましょう。

  3. 自己PR&志望動機は自分のヒューマンスキルや人物像を印象づける

    将来のビジョンなども具体的に記入することで、あなたの人物像がより明確になります。
    担当者に「会ってみたい」と思わせる自己アピールを行いましょう。

上記のポイントが書類選考通過の鍵となります。
意識して履歴書・職務経歴書を作成するようにしましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事