Find Job!

Webディレクター 履歴書・職務経歴書の書き方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

デザイナーやプログラマなどをまとめ、サイトが完成するまでのディレクション業務を行うのがWebディレクターです。多岐にわたる経験が求められ、それまでの経験分野やスキルが採用の決め手になることが多い職種です。
そのため、履歴書・職務経歴書には今まで経験してきたプロジェクトについて、内容だけでなく規模や年数、自分の役割なども記入できるようにしておきましょう。

Webディレクターの履歴書の書き方

経験分野やスキルを明確にすることで差別化を。推進力や実績、熱意をアピール。

規模・業界を問わず、これまで参加したプロジェクト内で、どんな役割を果たし、どのような結果を出してきたかをアピールしましょう。
即戦力を期待される職種のため、知識や経験のほか、コミュニケーション能力、柔軟性や忍耐力などの性格的な長所をアピールすることで成功した例もあります。
大切なのは、経験してきた年数よりも、業務の内容やどんなスキルを身につけてきたか、またどれだけやる気に満ちているかを、しっかりと採用担当者に理解してもらうことです。

3つのポイント

  • 経験したプロジェクトの規模や年数を整理しておこう
  • プロジェクトにおける自分の役割や成果などを明記しよう
  • 将来のビジョンや仕事への意欲をアピールしよう

項目別でチェックしておくと良いポイント

基本項目

誤字脱字がないように、正確に記入しましょう。住所は省略せず、氏名のフリガナ欄も忘れずに。メールアドレスは、企業からの連絡がきちんと受け取れるアドレスを入力しましょう。ドメイン指定などの設定にも注意が必要です。

スキル

具体的にこれまでどんな仕事をしてきたかが重要視される職種です。取得スキル・言語などはもちろん、ディレクションや制作経験なども積極的にアピールしましょう。

職歴

職歴の羅列ではなく、どのようなプロジェクトで、どんな業務に携わったか、またその経験の中から何を得られたかなど、あなた自身のキャリアをしっかりと伝えましょう。

自己PR・志望動機

転職の背景や動機、興味を持っていること、他人より優れている能力などをきちんと伝えます。また将来のキャリアビジョンなどを明確にして、自分がどんな仕事をしていきたいかなど意欲をアピールすることも忘れずに。実務未経験の場合でも、経験を補う業界知識や他職種での経験、熱意などをアピールすると採用担当者の目に留まりやすくなるでしょう。

Webディレクターの職務経歴書の書き方

職務経歴書の3つのポイント

職務経歴書で気をつけるべきポイントは3つあります。

  • 業務経験や勉強中のスキルも追加して詳しくスキル登録をしよう
  • 職歴は経験したプロジェクトや従事した仕事を具体的に伝えよう
  • 自己PRや志望動機は「自分に何ができるか」を伝えよう

職務経歴書の例

会社名 株式会社●●●●
勤務期間 2003年 (平成15年) 4月~2005年 (平成17年) 3月
雇用 Web運営
雇用形態 契約社員
職務内容 ■出版社雑誌サイト運営・制作更新
業務内容 雑誌サイトの制作運営を担当。
画像処理、情報更新、ページデザインを担当。
[プロジェクト規模] 3名 (役割/メンバー)

※サイト更新から制作・デザインなど全般を担当してきました。2年目からは他のデザイナーや外注スタッフをまとめるディレクター的な役割も果たしていました。

記載する際のポイント

簡単な業務経験の記入だけに終始せず、役割や担当業務などを具体的に伝えましょう。

自己PR&志望動機+ポイント

自己PR

Webデザイナーとして2年の経験がありますが、後半の1年間はデザインワークの実務に加え、ディレクション業務も担当してまいりました。
幅広いクライアントを抱えていたため、それぞれの希望にあわせたデザインテイストの考案やプロジェクト管理が求められました。1つ1つ対応していく中で、自分の中に多くの引き出しを得ることができたと感じています。

志望動機

御社の求人にて、デザインワークのできるディレクターを求めているという内容を拝見いたしました。私にはデザインワークの実務経験が2年間、ディレクション業務の実務経験が1年間あるため、その経験を活かして御社に貢献していきたいと考えております。
また、今後は企画立案にもより深く携わっていきたいと考えているため、積極的に意見を聞いていただける風通しのよい社風にも惹かれました。

記載する際のポイント

自己PR欄や志望動機欄は熱意や希望を述べるだけでなく、「何ができるか」を伝えましょう。

まとめ

履歴書と職務経歴書を作成する場合は次の3点に気をつけましょう。

  1. 詳細なスキル登録を心がける

    せっかくの保有スキルも記入しなければアピールにつながりません。
    経験スキルだけでなく、勉強中のスキルも追加してアピール力を高めましょう。

  2. 職歴にはプロジェクトの内容や成果などを具体的に記載する

    職歴の具体性が欠けていると、自分のスキルや経験が担当者に伝わりません。
    できるだけ具体的に記入することで、あなたのキャリアがイメージしやすくなります。

  3. 自己PR・志望動機も具体的に

    自己PR・志望動機は単に熱意や希望だけを羅列しても、他のライバルたちに差をつけることができません。
    将来のビジョンや自分にできることをアピールして、担当者に「会ってみたい」と思わせましょう。

上記のポイントが書類選考通過の鍵となります。
意識して履歴書・職務経歴書を作成するようにしましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事