Find Job!

業務委託とSOHOの違いってなに?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

近年では個人の働き方が多様化し、自営業やフリーランスなど業務委託契約を結んで働く人が増えてきています。では、具体的に業務委託とは何なのでしょうか。また、業務委託と似たものにSOHOという言葉がありますが、業務委託とSOHOにはどのような違いがあるのでしょうか。本ページでは、業務委託とSOHOそれぞれの具体的な内容と、両者の違いについてご説明いたします。

業務委託とは

業務委託とは、正社員や契約社員として会社に雇用されるのではなく、個人として会社と対等の立場で仕事を引き受けることを言います。業務委託では業務内容や報酬、期限などについて事前に取り決め、契約を結んだうえで業務を進めていくことになります。

請負契約と委任契約

 

業務委託には「請負契約」と「委任契約」の2つの契約形態があります。それぞれの違いについて詳しく見ていきましょう。

請負契約

請負契約は「仕事の完成」が前提となる業務委託契約です。例えばシステムエンジニアであればプログラム、ライターであれば記事など、仕事の成果物を納品することで報酬を受け取ります。請負契約は仕事の完成義務があるため、納品した成果物に欠陥やミスなどがあれば修正対応をしなくてはなりません。

委任契約

委任契約は成果物を納品する必要はなく、断続的に委任された業務を行う契約です。委任契約はその業務自体を対価として報酬を受け取ることができます。仕事の完成義務はないため、請負契約のように成果物に対して責任を負う必要はありません。

委任契約の他に準委任契約というのもありますが、委任契約が法律行為を扱うのに対し準委任契約は法律行為以外を扱います。委任契約に該当するのは弁護士、税理士、会計士などの業務で、準委任契約に該当するのは医師、コンサルタントなどの業務です。

業務委託のメリット

 

会社に雇用される正社員や契約社員と比べた業務委託のメリットを見ていきましょう。

自分が得意な業務のみを専門として行える

会社に雇用されている場合は自分が得意な業務だけでなく、苦手な業務も行わなければならないことがあります。しかし、業務委託は事前に業務内容を取り決めて契約を結ぶため、自分が得意な業務のみを専門として行うことができます。

専門性や自分の能力次第では高収入が期待できる

業務委託は仕事の成果が直接収入につながります。よって、仕事の質や作業効率を上げるなど専門性や能力次第では高収入が期待できます。

業務の進め方に対して裁量権がある

業務委託は契約内容を守ればどのように業務を進めるかは自由なので、自分がやりやすい進め方を選ぶことができます。

業務委託のデメリット

一方で、業務委託のデメリットは以下のとおりです。

法律による保護を受けられない

業務委託には労働法による保護を受けられないというデメリットがあります。1週40時間、1日8時間という労働時間の原則や最低賃金に関する規則が適用されません。

自分で確定申告を行う必要がある

業務委託の場合は自分で確定申告を行う必要があります。収入やその収入を得るためにかかった費用などをきちんと計算しなくてはなりません。

自分で仕事を見つける必要がある

基本的には自分で仕事を見つけなければ業務委託契約を結ぶことはできません。場合によっては営業力も必要になるでしょう。

SOHOとは

SOHOは「Small Office Home Office」の頭文字を取って誕生した言葉で、会社などに行かず、小さな事務所や自宅で仕事を行う形態のことを言います。SOHOの主な業務内容としては、例えばライティング、Web制作、データ入力などが挙げられます。

SOHOのメリット

 

SOHOの主なメリットを4つご紹介いたします。

通勤しなくてもよい

自宅をオフィスとして使う場合は一歩も外へ出ずに仕事ができるのがSOHOの魅力です。通勤時間を他のことに使えますし、満員電車に乗る必要もありません。

人間関係のストレスがない

SOHOは基本的に人との関わりがあまりないため、人間関係のストレスとは無縁です。メッセージのみのやり取りで仕事が完結することもあります。

自分のペースで仕事ができる

SOHOは就業時間が決まっておらず休憩も自由にとれるので、自分のペースで仕事ができます。

育児をしながら仕事ができる

SOHOであれば自宅で育児をしながら仕事ができます。子育てをしながら空いた時間を使ってお金を稼ぎたいという方にとっては大きなメリットと言えるでしょう。

SOHOのデメリット

一方で、SOHOには以下のようなデメリットもあります。

収入が不安定

SOHOは毎月決まった仕事があるわけではないので、月によって収入が大きく変わることがあります。クライアントによって支払いのタイミングが異なる場合はそれらも調整しなくてはなりません。

自己管理が必要

SOHOは働く場所や時間を選ばず自由度が高い分、気が緩みやすい環境にあります。そのため、自己管理が苦手な方にはあまり向いていません。

疑問点や問題点を他人に聞けない

仕事で何かしらの疑問点や問題点が生じても、身近な人に聞くことができません。基本的には自分自身で解決する必要があります。

まとめ

業務委託とSOHOについてそれぞれ詳しく見てきましたが、両者の違いはどこにあるのでしょうか。実は両者に違いはあまりないのですが、業務委託のほうが広い意味で、SOHOは業務委託の一種だと考えてください。業務委託の中でも特に在宅で仕事を行うスタイルをSOHOと呼びます。ただ、業務委託された仕事は必ずしも在宅でできるわけではなく、業務委託であっても会社に常駐して業務を行うこともあります。その場合、在宅ではないのでSOHOには該当しません。しっかりと違いを確認し、自分にあった働き方をしていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

次へ

関連記事