【最新版】Google Analyticsチートシート完全マニュアル(日本語解説付)

    
2013/09/25
    


星の数ほどあるGoogleアナリティクスのカスタム設定。「いつかやってみよう!」と思いながら忘れてはいませんか?

今回はそんな方のために、今すぐ使えるGoogle Analyticsカスタム設定のチートシートをご紹介。困った時にもサッと使えるよう印刷して持っておくのもアリです!

Google Analyticsチートシートダウンロード


まずは上記をクリックしてPDF版でご覧ください。

内容はUniversal Analytics、および旧ga.jsタグに対応した主要なトラッキングコードリファレンスになっていて、シートの2枚目がUniversal Analyticsのタグ内で利用できる指標とフィールドの一覧になっています。

以下で主要なトラッキングコードのリファレンスについてサラッと紹介していきますので、ぜひ印刷&コードビューで便利に使っていただければと思います。


地味だけど知っておくと便利なトラッキング系設定

トラッキングのキモと言えるコアな部分。だからこそきちんと構造と改造の幅を知っておくと、色々と役立ちます。

アカウント指定(UA版)

create までが定形で、ID、URLの順に並びます。ちなみにここで「/〇〇/」のように指定して、特定ディレクトリのみの解析を行う。なんて改造も可能です。
※UA:Universal Analyticsの意
ga('create', 'UA-XXXX-Y', 'yourdomains);

旧ga.js版

非同期型の通常版アナリティクスで使用されている形式ですね。これは残念ながら改造の余地があんまり無かったりします。
_gaq.push(['_setAccount', 'UA-XXXXX-X']);


トラッキング情報取得(UA版)

ga('send', 'pageview');

旧ga.js版

_gaq.push(['_trackPageview']);


対象ページトラッキングを複数プロパティで管理(UAのみ)

ga('create', 'UA-XXXX-Y');
ga('create', 'UA-XXXX-Y', { 'name' : 'newTracker'});
ga('send', 'pageview');
ga('newTracker.send', 'pageview');


IPを匿名化して取得(UAのみ)

ga('set', 'anonymizeIP', true);


任意でトラッキングを無効にする(UAのみ)

window['ga-disable-UA-XXXX-Y'] = true;
※falseにすると有効になりtrueだと無効になる(制御はphpなどで別途設定)

Introduction to Analytics.js
Tracking Basics (Asynchronous Syntax)



ページ&イベントトラッキング系

既に使っている方も多いかと思いますが、ページトラッキングやイベントトラッキングに関するタグも収録。

仮想ページ’に任意のタイトルを付けてトラッキング(UA版)

PDFや動的生成ページの計測に使います。旧タグ版ではアンカーに埋め込んでクリックから計測するしか無かったトラフィックも、トラッキングコードに以下を混ぜ込むことでカンタンに取得出来るようになりました。
ga('send', 'pageview', {
'page' : '/my-overridden-page?id=1',
'title' : my overridden page'
});

旧ga.js版

<a href="URL" onclick="_gaq.push(['_trackPageview', '/downloads/pdfs/corporateBrief.pdf']);">計測対象オブジェクト</a> 


外部サイトへのリンククリック数など取得(UA版)

いわゆる「イベントトラッキング」と呼ばれるコード。アンカータグ内に埋め込んでおくと、クリック数を取得してくれる便利なやつ。
<a href="URL" onclick="ga('send', 'event', 'category', 'action', 'opt_label', opt_value);">計測対象オブジェクト</a> 

旧ga.js版

<a href="URL" onclick="_gaq.push(['_trackEvent', 'category', 'action', 'opt_label', opt_value]);">計測対象オブジェクト</a> 


直帰率に影響を与えずにクリック数取得(UA版)

あまり知られていませんが、実はイベントトラッキングの場合、セッション発生と同時にページを離れてしまうため「離脱扱い」になってしまい、そのまま使うと微妙にサイトの直帰率に影響を及ぼしたりします。なので、これまた知られていませんが公式で用意されている以下のコードを使って離脱としてカウントしない。なんて方法もあるのです。
<a href="URL" onclick="ga('send', 'event', 'category', 'action', {nonInteraction' : 1});">計測対象オブジェクト</a>

旧ga.js版

<a href="URL" onclick="_gaq.push(['_trackEvent', 'category', 'action', 'opt_label', opt_value, opt_noninteraction]);">計測対象オブジェクト</a> 

Page Tracking – Web Tracking (analytics.js)
Event Tracking – Web Tracking (analytics.js)
Event Tracking – Web Tracking (ga.js)



コマース&ソーシャル系

当ブログでも何度か紹介していますが、Eコマース、ソーシャルトラッキングタグで使われるコードについてももちろん収録しています。

Eコマーストラッキングタグ(UA版)

※アナリティクス上でEコマースとして設定し、以下の「$〇〇$」で記載されている部分を実装するECシステムが持つ変数に置き換えればOK。すぐに利用可能です。
<script>
ga('ecommerce:addTransaction', {
id: '$オーダー/決済ID$', // Transaction ID - this is normally generated by your system.
affiliation: '$ショップ名$', // Affiliation or store name
revenue: '$オーダー金額総計$', // Grand Total
shipping: '$送料$' , // Shipping cost
tax: '$税金$' }); // Tax.

ga('ecommerce:addItem', {
id: '$オーダー/決済ID$', // Transaction ID.
sku: '$商品ID$', // SKU/code.
name: '$商品名$', // Product name.
category: '$商品カテゴリーorブランド$', // Category or variation.
price: '$商品単価$', // Unit price.
quantity: '$個数$'}); // Quantity.
ga('ecommerce:send');
</script>

旧ga.js版

<script type=”text/javascript”>
var _gaq = _gaq || [];
_gaq.push(['_setAccount', 'UA-xxxxxxxx-1']);
_gaq.push(['_trackPageview']);
_gaq.push(['_addTrans',
'$オーダーID$', // order ID - required
'$ショップ名$', // affiliation or store name
'$オーダー金額総計$', // total - required
'$税金$', // tax
'$送料$', // shipping
'$市区町村$', // city
'$県$', // state or province
'$日本$' // country
]);
// add item might be called for every item in the shopping cart
// where your ecommerce engine loops through each item in the cart and
// prints out _addItem for each
_gaq.push(['_addItem',
'$オーダーID$', // order ID - required
'$商品ID$', // SKU/code - required
'$商品名$', // product name
'$商品カテゴリーorブランド$', // category or variation
'$商品単価$', // unit price - required
'$個数$' // quantity - required
]);
_gaq.push(['_trackTrans']); //submits transaction to the Analytics servers
(function() {
var ga = document.createElement(‘script’); ga.type = ‘text/javascript’; ga.async = true;
ga.src = (‘https:’ == document.location.protocol ? ‘https://ssl’ : ‘http://www’) + ‘.google-analytics.com/ga.js’;
var s = document.getElementsByTagName(‘script’)[0]; s.parentNode.insertBefore(ga, s);
})();
</script>



ソーシャルトラッキングタグ(UA版)

他のコードとは異なり、単体ではまともに動いてくれないこまったやつ。実際に実装する際にはちょっとした工夫が必要になるので、こちらの記事から詳細を確認してみてくださいね。
ga('send', 'social', 'socialNetwork', 'socialAction', 'socialtarget');

旧ga.js版

_gaq.push(['_trackSocial', network, socialAction, opt_target, opt_pagePath]);

Ecommerce Tracking – Web Tracking (analytics.js)
Social Interactions – Web Tracking (analytics.js)
Ecommerce Tracking – Web Tracking (ga.js)
Social Interactions – Web Tracking (ga.js)



他にも色々!今すぐダウンロード!

今回提供するチートシートには、上記で紹介した他にも様々な変数やタグのリファレンスを掲載しています。

ぜひブックマークしたりダウンロードしたりして「〇〇できたら便利なのになー」を自分で叶えられるようになっちゃってください♪


参考サイト
Google Analytics ? Universal Analytics Cheat Sheet



(執筆/編集 中村健太

Find Job! Startupを購読する

職種から求人情報を探す
Webエンジニア・Webプログラマ |  Webデザイナー・HTMLコーダー |  グラフィックザイナー・クリエイター |  Webディレクター・Webプロデューサー |  スマートフォンエンジニア |  ネットワークエンジニア・サーバーエンジニア |  フロントエンドエンジニア
スキルから求人情報を探す
PHP |  Perl |  Ruby |  Python |  Java |  JavaScript |  C言語 |  C++ |  MySQL |  PostgreSQL |  iPhoneアプリ |  Androidアプリ
企業名から求人情報を探す
 |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |  A |  B |  C |  D |  E |  F |  G |  H |  I |  J |  K |  L |  M |  N |  O |  P |  Q |  R |  S |  T |  U |  V |  W |  X |  Y |  Z
Copyright (C) 2017 mixi recruitment, Inc. all rights reserved.