スタートアップなら要チェック!BtoB企業のマーケティング実態調査

    
2015/07/01
    


スタートアップでは、Webマーケティングを支援するサービスの提供を始める方は多いと思います。また新サービスの周知には今やWebの活用は不可欠です。
それでは実際のところ、企業はWebマーケティングに、どの程度の予算をかけているのでしょうか。今回は、特にBtoB企業のWebマーケティングに従事する330名にリサーチを行いました。Web担当者が注力する施策や悩み、予算の実情に迫ります。

BtoB企業Webマーケティングの実態調査レポートの無料ダウンロードはこちら

記事担当:ガイアックス・中村竜次郎
BtoB企業にインバウンドマーケティングの導入を支援したり、「INBOUND marketing blog」の編集長をしたり、自社サービスのマーケティング施策を担当しています。

調査方法

  • 2015年3月~5月にインターネットリサーチを利用し実施
  • 売上規模20億円以上のBtoB企業でWebマーケティング関連業務に従事する方々が対象
  • 調査地域は全国47都道府県
  • 有効回答数:330

注目株は流行のコンテンツマーケティング


大量に被リンクを獲得するようなSEOでは検索エンジンで上位表示されにくくなり、企業はコンテンツの拡充に注力するようになりました(57.4%)。昨今ブームになっているコンテンツマーケティングを実践することで見込み顧客の獲得を目指す方針に転換していると考えられます。
コンテンツマーケティングとはコンテンツを活用したマーケティング手法で、ターゲットに有益な情報(コンテンツ)を配信することで自社を見つけてもらい、資料ダウンロードやお問い合わせを通してリードを獲得することを指します。既存顧客のファン化などを目的として実施されることもあります。質の高い記事を配信するわけですから、検索エンジンにも好まれます。

「サイト訪問者を増やす施策」を上げる方も多く(47.3%)、BtoB企業の課題はずばり「集客」と言ってもいいかもしれません。
スタートアップでWebマーケティングを実践する方はもちろん、マーケティング支援のサービス提供を考えている方にとっては「集客」がキーワードになりそうです。

約70%が活用。ソーシャルメディアはBtoBでも必須に


コンシューマ向けと捉えられることが多いソーシャルメディアですが、BtoB企業でも注目されているようです。実に68.9%の方が「活用している」と答えています。
情報感度の高いスタートアップの方々にとっては、当たり前ともいえるソーシャルメディアでも、BtoB企業のWeb担当者には数年前までは非常にハードルの高いツールでした。私自身がWebマーケティングをBtoB企業に支援する中で、ソーシャルメディアの活用を積極的に提案してきましたが、多くのWeb担当者が「BtoB企業での効果が不明」「上長に説得できない」などの理由で、提案が通らないことはよくありました。しかし、この1年は逆に「ソーシャルメディアを活用してみたい」という問い合わせが増え、新たな集客ツールという認識が高まっていると感じます。

その中でもFacebookへの効果に注目する方が多く、57.1%の人が「効果が高かった」と回答しています。匿名性の高いTwitterよりも、名前や企業情報、趣味まで開示している方が多いFacebookは顔が見えるコミュニケーションツールともいえ、また低予算から広告が打てるため、効果の測定や上長への説得がしやすいのかもしれません。

溢れる課題。悩みどころは人材不足・知識不足


BtoB企業のWeb担当者と話をする際、「一人しか担当がいない」「片手間でやっている」ということをよく聞きます。まだまだ企業がWebマーケティングの効果を疑問視しているのか、はたまた人的リソースを割ける余裕がないのかは憶測になりますが、調査でも45.3%の方が「手が足りてない」と回答しています。
私自身も「マーケティングのサービスをマーケティングする」という難しい役割を担っていますが、打てる施策はいくらでもあり、打とうとすると立ちはだかるのが、人的リソースと予算です。結局は許される範囲で施策を実施していくしかないのですが、Webマーケティング担当者の問題点や課題、不満は、尽きることはないのかもしれません。

1サイトの年間予算は1000万円未満が過半数



各企業のWebマーケティングに投下する予算は非常に気になるところです。全体予算だと非常に曖昧な結果になりそうだったため、今回は「1サイトあたりの年間予算」でアンケートを取りました。
500万円~1000万円未満と回答した方が多く23.9%。1000万円未満だと過半数を軽く超えます(64.6%)。
広告予算だけに絞ってアンケートを取ると500万円未満が過半数(51.2%)でした。つまり、年間予算の半分はデザインやツールなどに投下していると想像できます。
もちろん売上規模や商材特性によって予算額は変わりますし、中には1億円以上と答える方が15.5%もありましたが、Webマーケティングの戦略を考えたり、サービスとして提供したりするにあたって、考えるべきBtoB企業の年間予算は「1000万円未満」がひとつの指標となりそうです。

調査レポートを無料でダウンロード

今回紹介したデータはFind Job ! Startupに親和性の高いものを取り上げました。他にもWebマーケティングでアウトソーシングしている業務やツールの導入情報など、さまざまなアンケートを回収しています。ご自身のマーケティングへの参考資料として、営業提案資料の材料として、ぜひダウンロードしてご活用ください。

BtB企業のWebマーケティングの実態調査レポートの無料ダウンロードはこちら

Find Job! Startupを購読する

職種から求人情報を探す
Webエンジニア・Webプログラマ |  Webデザイナー・HTMLコーダー |  グラフィックザイナー・クリエイター |  Webディレクター・Webプロデューサー |  スマートフォンエンジニア |  ネットワークエンジニア・サーバーエンジニア |  フロントエンドエンジニア
スキルから求人情報を探す
PHP |  Perl |  Ruby |  Python |  Java |  JavaScript |  C言語 |  C++ |  MySQL |  PostgreSQL |  iPhoneアプリ |  Androidアプリ
企業名から求人情報を探す
 |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |   |  A |  B |  C |  D |  E |  F |  G |  H |  I |  J |  K |  L |  M |  N |  O |  P |  Q |  R |  S |  T |  U |  V |  W |  X |  Y |  Z
Copyright (C) 2017 mixi recruitment, Inc. all rights reserved.